ジャパントータルクラブの利用方法を整理しましょう

ジャパントータルクラブは予約してから利用するシステム

ゲスト利用の基本要綱

宿泊の場合は、ゲスト利用券1枚で1室の利用となります。予約にあたり、身元を確認するためにゲストの名前や住所、連絡先などの記述をします。それは、メンバーがします。

また、ゲスト利用券は毎年12月に発行しており、代表会員に届けてもらえるシステムです。券にメンバーの名前がない場合も、利用ができないので注意しましょう。

ジャパントータルクラブは、会員限定のリゾート施設であり、会員になる際も入会審査を設けています。その分、ある程度の品格とか社会的な地位は求められるでしょう。館内におけるマナーとか立ち居振る舞いが相応しくない人であれば、注意を受けてしまう可能性があります。予めシステムについて理解を得られる人に、ゲスト利用券を活用してもらいましょう。

注意事項

ジャパントータルクラブのゲスト利用券の発行は、枚数限定となります。紛失したりキャンセルなどで取りやめになってしまった場合でも、再発行はできません。特にゲストで連絡を取れる人であれば、都合の良し悪しについて、予め詰めておく必要があります。また、やむをえない理由でキャンセルをしてしまうのは仕方ないですが、頻繁にならないようにしましょう。

ジャパントータルクラブは、会員制のリゾート施設であるため、内規も細かいです。しかし、大声で騒がないとか施設内のものを雑に扱わないなど基本的な部分を守ってもらえれば、特に注意を受けることはありません。

特に子ども連れの場合は予め教育しておくポイントとなります。お菓子とかおもちゃを持参して、気を紛らわせるのも1つの方法です。また、フロントに相談すると、おもちゃの貸し出しを受けられる場合があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る